トヨタが「東京モーターショー2017」(10月25日に開幕、一般公開は28日から)への出展情報を追加発表した。年初にアメリカで開催された「International CES(国際家電ショー)」で公開された「TOYOTA Concept-愛i」シリーズに新たに加わるコンセプトモデルだ。
画像: 右は年初の国際家電ショーで公開された「TOYOTA Concept-愛i」、左が東京モーターショーで初公開される「TOYOTA Concept-愛i RIDEとWALK」。

右は年初の国際家電ショーで公開された「TOYOTA Concept-愛i」、左が東京モーターショーで初公開される「TOYOTA Concept-愛i RIDEとWALK」。

新たにRIDEとWALKが登場

トヨタは年初にアメリカで開催された国際家電ショーで、人工知能により人を理解する“愛車”、「TOYOTA Concept-愛i」を発表した。これは「人を理解する」技術と自動運転技術を組み合わせて、ドライバーを「安全・安心」に導き、さらにドライバーの気持ちを先回りした提案をして「新しいFun to Drive」をもたらすというコンセプトカーだ。

画像: 「TOYOTA Concept-愛i RIDE」は車いすユーザーの使い勝手にこだわった仕様だ。EV航続距離は100〜150km程度。

「TOYOTA Concept-愛i RIDE」は車いすユーザーの使い勝手にこだわった仕様だ。EV航続距離は100〜150km程度。

その「TOYOTA Concept-愛i」に新たなコンセプトカーが加わり、東京モーターショーで発表されることになった。それが「TOYOTA Concept-愛i RIDE」で、「人にやさしい都市モビリティ」をコンセプトにユニバーサル性を重視した小型モビリティだ。シェアリングサービスでの活用も想定しており、ユニバーサルなモビリティを手軽な存在にすることもこのコンセプトカーの狙いのひとつだ。

画像: ふたりで乗車することも可能だ。

ふたりで乗車することも可能だ。

「TOYOTA Concept-愛i RIDE」の特徴は、まず車いすユーザーの使い勝手にこだわったユニバーサルな仕様である点だ。また「安全・安心」を提供するために運転席を中央に配置して車両感覚をつかみやすくし、さらに自動駐車システムを持つなど、車いすユーザーや高齢者にやさしいモビリティとなっている。

画像: 「TOYOTA Concept-愛i WALK」。EV航続距離は10〜20km程度だという。

「TOYOTA Concept-愛i WALK」。EV航続距離は10〜20km程度だという。

さらに「TOYOTA Concept-愛i WALK」も用意された。これは人が立ったまま乗る3輪車でホイールベースは可変、簡単に操作ができ、これによりクルマを降りてからも行動範囲が広がる。

今年の東京モーターショーのトヨタブースは、ニュークラウンとセンチュリーなどの市販モデルが公開される他、こうしたコンセプトカーも充実している。一般公開まであと10日あまり、楽しみになってきた。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.