日産は、新世代電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した「セレナ e-POWER」を、、東京ビッグサイトで開催される、第45回東京モーターショー2017(一般公開日:10/27~11/5)で公開すると発表しました。
画像: セレナ e-POWER ハイウェイスターの外観。「e-POWER」のエンブレムやフロントグリスのブルーが特徴。

セレナ e-POWER ハイウェイスターの外観。「e-POWER」のエンブレムやフロントグリスのブルーが特徴。

「e-POWER」は、エンジンを発電のみに使用する新しい電動パワートレインで、すでに「ノート」に搭載されています。そして、モーター駆動ならではの力強い走りと、レスポンスの良い加速感、優れた静粛性が高く評価されています。

今回、東京モーターショーで公開される「セレナ e-POWER」は参考出品車として展示され、セレナが誇る室内の広さや使い勝手の良さ、乗り心地の快適性はそのままに、モータードライブの楽しさと優れた燃費性能、そして、クラスを超えた高い静粛性を実現するモデルです。

エクステリアには、専用LEDテールランプ、空力特性に優れたデザインの専用アルミホイールなどの専用パーツを採用。一方、インテリアにもブルーアクセントを施すとともに、2列目シートはキャプテンシートとすることで、快適性と余裕を併せ持つミニバンとなっています。セレナやエクストレイルで好評な、高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」ももちろん搭載されています。

画像: 2列目にキャプテンシートを採用したセレナ e-POWER のインテリア。

2列目にキャプテンシートを採用したセレナ e-POWER のインテリア。

画像: プロパイロットも装備される。

プロパイロットも装備される。

「セレナ e-POWER」は、2018年春に発売する予定です。詳細なスペックはまだ公開されていませんが、すでに特設サイト(下記のリンクを参照)もオープンしています。

このように日産の先進技術を注入した「セレナ e-POWER」は、国産ミドクラスミニバンの新たなベンチマークとなる性能を秘めたクルマになりそうです!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.